本文へスキップ

太陽光発電システムのご相談はセブンテイーン株式会社へ

電話でのお問い合わせは075-315-1144

〒615-0837 京都府京都市西京極西向河原町3-2

平成25年度全量買取制度について

買取長期保証20年

平成24年度7月1日からはじまった再生可能エネルギーの全量買取制度ですが、その普及拡大のために国策として優遇措置をとられてます。太陽光発電量10kwh以上のシステムであれば、20年間売電単価が保証されているので全量買取制度では、高い売電単価が設定され、それが20年間という長い期間、保証されるという手厚い国策となっています。

例えば、電力会社へ全量売電すると1kwhあたり37.8円で売れて、これが20年間保証されるのです。ちなみに電力会社(関西電力)から買電すると1kwhあたり24円(平成25年3月末現在)です。

つまり…設置者は、国策である地球にやさしい再生可能エネルギー普及に貢献して年率約6〜8%利回りを得ることになります。(25年7月当社試算)

全量買取制度は景気に左右されることはなく安心・安全に資金を運用でき地球環境にもやさしい制度なのです。つまり…「太陽光発電“いつ”やるのですか?」「今でしょ!」なのです。ただし、国策である全量買取制度の優遇措置を享受するためにはもう遅い状況です。やるからには、申請・工事手続きを<br>
  急ぎましょう!!

急ぐ理由は、5点挙げられます。

  1. グリーン投資減税(国の税制上の特別優遇措置)の適用を受けるため。
  2. 平成25度の全量買取単価”37.8円/1kwh”の適用を受けるため。
  3. 円安による海外輸入品との価格差が無くなってきたため、実績のある国内メーカー品に注文が集中して品薄が想定されるため。 つまり、2.の適用期限に間に合わない恐れがある。
  4. 消費税率増税前の5%で賢く導入するため。
  5. 1.や4.に対応できる大型・中型物件を数多く手がけてきた実績のある工事施 工会社に限りがあり、その不足が予測されるため。

その結果、間に合わないのです。

活用されていない土地や屋根などお持ちでしたら、またと無いこのチャンスにチャレンジしていただき、無から利益を生み出してください。
当社が全力でサポート致します。

今後の見通し

●大型物件に関して

  • 26年度消費税引き上げによる施主負担の増額
  • 円安による原料高の見通しと、海外製品の導入高による国内メーカー品への集中化が想定される。

●対応策

  1. 25年9月までの受注、発注の実施
  2. 現場仕掛りによる26年度消費税UPの適用除外を目指す。
  3. 早期発注、契約を実施しておかなければ商品確保が困難となる。